男物長着 袖口下

着物、袴直し

口を留めてから8㎝ほど縫う

画像ではわかりにくいですが、8㎝ほど同じよう縫いあとは流す(斜めに縫って行く)

裏と表とあわせてマチ針を打つその時裏を緩くする、ここは縫込みが重なるのでぴったりにしてしまうと裏の生地が表の生地表を押し上げてしまうので裏を緩くすれば裏は逃げる

まるみを書く

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA